「ほっ」と。キャンペーン

最初の猫又

わが国における猫の記録は「日本霊異記(にほんりょういき)」に記されています。
豊前の国(現在の福岡県)の膳(かしわで)の臣広国(おみひろくに)の亡父が猫になって、彼の家に飼われたという説話が日本で初めての化け猫・猫又伝説であります。

猫股(猫又)の定義としましては、様々ありますが、
「本朝食鑑(ほんちょうしょくかん)」(1695年)には、

「凡そ(およそ)雄の老猫、妖をなす。その変化、狐狸(キツネとタヌキ)に減らず、(おとらず)
よく人を食う、俗に猫麻多(ねこまた)と称す。」とあります。

毛の色は、純黄毛、純黒毛がもっとも化けやすいとしています。


また、「和漢三才図会(わかんさんさいずえ)」(1713年)には、

「凡そ(およそ)十有余年(十歳以上)の老牡猫、妖けて(ばけて)災(わざわい)をなすものあり、
相伝う、純黄色赤毛、多く妖をなす。」とあります。


「重訂本草綱目啓蒙(じゅうていほんそうこうもくけいもう)」には猫股の語源について書かれています。
「俗に老猫、尾岐(おき)をなし、(尾が枝分かれする)人を魅するをマタネコと言ふ。」

これによりますと、股猫が後に猫股に変化したことになります。

※要約致しますと、猫股とは、「年老いた黄色か黒猫の雄猫で、尾先が二股に割れた化け猫のとこを指します。

堅苦しい文章になりましたが、日本における猫の歴史は深くて広いのです。
それだけ、日本人には馴染み深い動物だと言えるのではないでしょうか?

次の化け猫・猫又伝説では、猫股の形態について詳しく述べたいと思います。

e0041329_12455285.jpg
 栗太郎の尻尾は二股に分かれていません。(念のため)
[PR]

# by shintankun11 | 2005-08-05 12:49 | 化け猫・猫又伝説~

栗太郎伝説 ~伝説の始まり~

皆様のご要望にお答えして(うそです)我が家の猫「栗太郎」とのなれそめを紹介したいと思います。

あれは確か~、2003年の9月3日の出来事です。
仕事を終え、夕食後に妻と一緒に愛犬のバズ(セバスチャン、雑種♂、当時7歳)の散歩をするのが、毎日の日課になっていました。

あの日は愛犬バズが、いつもの散歩コースを拒否して、バス通りから裏通りへと、我々を導いていきました。

歩道の植え込みが、刈り込まれることなく、鬱蒼と茂る場所に差し掛かった所で愛犬バズが突然ストップ。

な、なんと!今まで見たこともない程の小さな子猫を発見しました。
衝撃的な出来事に、猫おやぢ夫妻はただ立ち尽くす・・・。(笑)

猫おやぢ夫妻が茫然自失状態でフリーズしていたのを尻目に、愛犬バズは鬱蒼と茂る植え込みの中から、2匹目の子猫(栗太郎)をやさしく口で咥えて出てきました。

さらなる衝撃に猫おやぢ夫妻はクラッシュ寸前でした。(笑)

さんざん迷った挙げ句、とりあえず保護することに~。
(へその緒が長く残っていたし、子猫を育てる自信もなかったし)

最初に発見した子猫のお腹には出血が見られ、2匹とも衰弱が激しかったので、夜間救急受付をしている動物病院へと車で向かいました。

~つづく~

e0041329_15155414.jpg
                                       保護まもなくの栗太郎


e0041329_13432780.jpg
                                       子猫発見器セバスチャン
[PR]

# by shintankun11 | 2005-08-04 15:23 | 栗太郎~

猫カフェ「猫の時間」に行ってみたいぞぇ~

大阪でウワサの猫好きが集まる場所とは? | Excite エキサイト

大阪の扇町にある猫カフェ「猫の時間」を発見しました。
猫おやぢは、横浜に住んでいるので、大阪まで出張するのは大変なことなんですが~。
行きたい!大阪に立ち寄ることがあったら絶対に行きたいぞ~!(笑)

と、ここで、大阪方面に住んでいる方に「特派員」として取材してもらおうかな?(笑)
いやいや~、取材じゃなくって、ぜひ行ってもらいたい~。

猫ちゃんたちに癒されたいと思っている方にはオススメです。

※詳細はクリックして、記事を読んでちょうだいな。

HPhはココ

http://www.nekonojikan.com/
[PR]

# by shintankun11 | 2005-08-04 13:03 | 猫のたまり場情報

トラックバック第一号は~

300匹の猫屋敷 老女に退去命令 | Excite エキサイト

アメリカでも猫屋敷(悪い意味での)ってあるんですね。

「猫が好きで、不幸な野良猫が1匹でも減ってくれればいい。」と思う気持ちから、飼い猫が増えていくというケースは聞きますが・・・。

自分の経済状況や住宅事情、ご近所さんへの迷惑等々~。
よく考えていかないと、逆に猫たちを不幸な状況に追い込んでしまいかねませんよね。

>ルース・ニューベン(82)は動物の不当な扱いと不法死体遺棄の罪に問われている。

高齢で、判断能力が欠如した状態だったのかもしれませんが・・・。
なんともやりきれないニュースですね。

※詳しくはトラックバックした記事を参照してください。
[PR]

# by shintankun11 | 2005-08-03 18:45 | 社会派猫パンチ

猫おやぢのブログ生活のスタート


いよいよブログ生活のスタート!

昔から文章を書くことは好きだったのです(上手い下手はともかく)
読み手がいる、いない、拘らずにマイペースを貫きたいと思っています。

ホームページを開設したい!と常々思っていたのですが、更新の手間を考えると二の足を踏んでしまって。(苦笑)

ブログでしたら、更新も比較的簡単ですし、
皆様からのコメントも頂戴できるし~。

話題としましては、我が家の猫、「栗太郎」(茶トラ・1歳11ヶ月♂去勢済)との毎日を
脱力感ある文章で紹介(苦笑)したいと思っています。

あと、最近のライフワークとして、「猫巡礼の旅」を紹介したいと思います。
猫と人間が歩んできた歴史を学びながら、猫との共存関係を再確認したいと思います。

このブログが、猫を愛する人達と、愛する猫達との幸せの架け橋になってくれればいいと考えています。
e0041329_16443723.jpg

[PR]

# by shintankun11 | 2005-08-03 16:46 | ひとりごと~