<   2005年 11月 ( 51 )   > この月の画像一覧

ある意味、巨大な超レア・猫グッツと言うことで・・・。(笑)

http://www.astroarts.co.jp/news/2005/11/29dem-l316/index-j.shtml  
めったにない偶然の産物、猫型天体

これは猫だね。(笑)
超新星残骸DEM L316の画像(提供:X線画像: NASA/CXC/U.Illinois / R.Williams & Y.-H.Chu; 可視光画像: NOAO/CTIO/U.Illinois/R.Williams & MCELS coll.)

e0041329_10525293.jpg

大マゼラン雲にある超新星残骸DEM L316の可視光写真に、NASAのX線観測衛星チャンドラによるX線画像を重ねると、猫のような姿が浮かび上がった。左上の顔の部分には耳があるように見えるし、右下の胴体の部分には、長いしっぽがついている。もっとも天文学者がこの画像に着目するのは、猫が好きだからではなくて、DEM L316が異なる2つの超新星残骸が重なって見えている、非常に珍しいものだからだ。

超新星残骸 DEM L316が左上の「猫の頭」と、右下の「猫の胴体」の2つに分かれているのは明らかだ。それぞれ異なる超新星爆発によってつくられた残骸である。これほど近くに残骸が並んでいるとは珍しい、爆発で吹き飛んだガスが衝突を起こしているのでは……と思いたくなるが、どうやらそうではなさそうだ。

チャンドラのX線による観測では、猫の頭にあたる残骸からは胴体の部分に比べてかなりの量の鉄が存在することがわかった。これはIa型超新星と呼ばれるタイプの爆発の結果と考えられる。白色矮星と普通の恒星が非常に接近した連星では、白色矮星へガスが流れ込み、臨界に達して暴走的な核融合反応が起きることがある。これがIa型超新星だ。

一方、猫の胴体にあたる残骸は鉄が少ないなどの特徴からII型超新星と見られている。太陽質量の8倍以上の恒星は最後に重力崩壊を起こして大きなエネルギーを解放するが、II型超新星もこうした超新星爆発の一種である。

同じ超新星といってもまったく異なる起源を持つ2つの残骸だが、何よりも異なるのは、元の天体が爆発を起こすまでの時間だ。白色矮星になるのは太陽と同じ程度の質量の恒星で、核融合反応はゆっくりと進むため、反応を終えて白色矮星になるまで数10から100億年以上かかる。それに対して重力崩壊による爆発を起こすほどの大質量星は、核融合も急速に進むので寿命はわずか数100万年だ。

2つの超新星の由来やタイムスケールが全く異なることを考えると、両者がお互いに影響を及ぼすことなく近くで爆発したとは考えにくい。従って、1匹の猫の頭と胴体に見える2つの天体は、実はたまたま重なって見えているだけで、本当は遠く離れているのだ。とはいえ、まったく関係のない2つの超新星残骸が重なって1つの天体に見えること自体、十分珍しいことには違いない。
--------------------------------------------------------------------------------

超新星残骸:超新星の爆発で吹き飛んだガスがつくる残骸。球殻状に広がりながら周囲の星間ガスと衝突し、その衝撃波でガスが加熱されるなどしてX線や電波を発している。かに星雲をはじめとして、はくちょう座の網状星雲、ケプラーの超新星残骸、ティコの超新星残骸などが有名である。(「最新デジタル宇宙大百科」より(一部抜粋))


小難しい話は兎も角、これは猫に見える!!(笑) 猫型天体だってさ。(笑) 猫好きにはたまりませんな~。
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-30 10:59 | ニャン・グッズ

ゆりえもん~、どや~?!あんずちゃんだよ。

e0041329_1605688.jpg

ゆりえもん~、あんずちゃん描いてみたよ・・・。(汗)あまり似てないね。
もう一回チャレンジしてみます。(汗)
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-28 16:00

ユニークな警句戯作文集「我が恋は」~

http://www.chunichi.co.jp/00/stm/20051127/lcl_____stm_____002.shtml  
動物いたわる心を 


身近な生き物の視点で人間の身勝手さや社会の不条理を指摘したユニークな警句戯作文集「我が恋は」を、東松山市の佐藤孝さん(60)が自費出版した。「本を読んで、少しでも動物をいたわる気持ちを持ってもらえれば」と話している。

 本に収められている警句は計二百四十七編。作者の佐藤さんが、猫や犬、虫、人間の赤ん坊など、ものを言えぬ立場から、それぞれの気持ちや思いを代弁する。例えば、明治末期にペストが流行した際にネズミを捕食するとして、飼育が奨励された猫になりきり、最近は邪魔もの扱いされることもあると嘆いた上で、「この恩知らずめ!」と一喝する。

 警句はパロディーだったり、創作落語調だったり、と笑いを誘う文体ながら、何かを考えさせるような内容になっている。「動物の方が語りやすい。また正面切っての批判ではなく、笑いを交えて伝えたかった」と佐藤さん。

 百十七ページ。千円。問い合わせは、まつやま書房=電0493(22)4162=へ。 (堀場 達)


こんな時代だからこそ、人にやさしく、動物達にもやさしく接する気持ちが大切かと思います。 他者への思いやりを心掛けていきたいです。←自戒の念を込めて(汗)
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-28 15:55 | 社会派猫パンチ

神奈川県川崎市の地域猫活動の取組み~

http://www.chunichi.co.jp/00/kgw/20051126/lcl_____kgw_____000.shtml
野良猫共存へ『地域猫活動』 (中日新聞)

猫おやぢが住む神奈川県でも、着々と地域猫・野良猫問題解決への動きが出てきているようです。 これは良い兆しだと思います。

「川崎市がおいらたちとヒトとの付き合い方のガイドラインをつくったんだニャー」。川崎市は、街で暮らす野良猫の問題を地域で解決するヒントにしてもらおうと、「ねこの適正飼養ガイドライン」を策定し、配布を始めた。 (飯田 克志)

 市への猫に関する苦情相談は年間約千五百件にのぼる。最も多いのは負傷した猫の保護依頼で四百件。次いで糞尿(ふんにょう)に関するものという。市では飼い主の不明な子猫や、けが・病気で動けなくなった猫を年間約九百匹保護している。

 一部の住民から餌をもらっている野良猫もいて、食べ残しの後片付けや糞尿などの問題をめぐり、住民同士でトラブルになることも少なくない。

 ガイドラインは冒頭に「野良猫は現代社会の産物」と位置付け、住民の間で猫との共存意識を育成し、地域による管理を行うことで、野良猫を減少させていく「地域猫」を提案している。

 「地域猫」とは、世話をしている住民と他の住民同士の相互理解や協力関係を自治会単位で確立。その上で、地域の実情に合わせた飼養ルールをつくり、地域が飼い主となる手法を指す。

 ガイドラインでは、餌場やトイレの管理、世話をする代表者の明確化など九項目の「地域猫活動の基本ルール」を提示している。

 世話をしている住民に対しては、地域への提案と粘り強い説明、飼い主に準じた責任を負う意思表示の必要性を指摘。他の住民には、野良猫を排除するだけでは問題が解決しないことを理解するよう求めている。

 地域猫は一九九九年から、横浜市磯子区で獣医師や住民が「猫の飼育ガイドライン推進協議会」を設立し、先駆的に実施。三人以上でグループをつくり、自宅周辺の「地域猫」を世話している。同協議会がバザーなどで費用を工面して不妊去勢手術の助成を行い、地域猫の約八割が手術済みという。同協議会は「どうしても猫をかわいがる目的と思われてしまうのがジレンマ」と取り組みの難しさを指摘する。

 川崎市健康福祉局生活衛生課は「ガイドラインを地域で話し合うきっかけにしてほしい」と話している。ガイドラインは各区保健福祉センターなどで配布中。問い合わせは同課=電(200)2448。

◎地域猫活動の基本ルール

(1)活動の趣旨説明と地域住民の合意

(2)餌場の設定など給餌の管理

(3)トイレの設置・管理

(4)不妊去勢手術の実施

(5)病気・ノミを予防するために健康管理

(6)世話をする猫の把握と識別

(7)管理している代表者の明確化

(8)飼い猫として飼ってくれる飼い主を探す

(9)飼い猫を適正管理し、野良猫予備軍をなくす


都市部周辺の住宅地では、人も猫も共存していくことが難しくなってきたのでしょうね。 無責任な飼い主や身勝手な餌やりさんと嫌猫派の住民も巻き込んで、啓蒙活動していくことが重要かと思います。 
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-28 15:49 | 社会派猫パンチ

中国でも「流浪動物(のら動物)」問題が深刻に~

http://www.asahi.com/world/china/news/TKY200511210168.html 街角に捨てネコ急増/ペットブームの陰で 北京 (アサヒドットコム)

北京でのら猫や捨て猫が目立ってきている。急速な経済発展を受け、「豊かさの象徴」として安易な気持ちでペットを飼う市民が相次いだためらしい。都市再開発で古い低層住宅が次々と取り壊され、ペットを飼いにくい集合住宅への移転が増えていることも背景にあるようだ。以前はなかった事態の出現に、行政の対応は遅れぎみ。一部の市民が捨てられたペットたちの救済に立ち上がり始めた。(北京=中田徹、古谷浩一)

◆五輪控え住環境急変/行政対応遅れ、市民が救済

 「最初はみんな逃げ回るんだけど、だんだんと私が好きになって近づいてくるよ」

 丁世英さん(76)は目を細めながら、足元にまとわりついてきた三毛猫をやさしくなでた。

 大学の医務室勤務を82年に退職。両親が亡くなり、結婚もしていなかったので、自宅で猫を飼い始めた。

 ところが、「もう飼いたくない」と持ち込まれる猫や捨て猫が相次ぎ、今や約160平方メートルの自宅は150匹以上の猫と1匹の犬で足の踏み場に困るほど。

 「猫たちがいるから寂しくない」と言いつつ、「飼い主はきちんと責任を持つべきだ」と丁さんは怒る。

 急激な経済発展で、北京の街は大きく変わり続けている。市民の間でペットが流行になり、それに伴い、捨て猫が現れた。「流浪動物(のら動物)」との言葉も中国紙には出はじめている。

 「以前は北京でのら猫や捨て猫を見るなんて、あり得なかった」


 そう話すのは、民間団体「北京市小動物保護協会」の趙暁琴・事務局長。中国では70年代末に改革・開放が始まるまでは、都市部の家庭でもペットを飼う余裕のある人自体が少なかった。文化大革命(66年~76年)では「ブルジョア的だ」として批判の対象になることもあったといわれる。

 趙さんは、獣医師の資格を持ってペットフード会社に勤めていたが、ペットの飼い方に対する市民の理解を深めたい、と動物好きの仲間と99年に同協会を立ち上げた。

 マンションの一室にある事務所には、飼い主に見捨てられたペットが週に10匹ほど持ち込まれる。大半は猫。去勢手術を施し、インターネット上で引き取り手を募る。手術の費用は持ち込んだ人の負担だ。


 北京では08年の五輪開催に向け、都市再開発が進む。「四合院」と呼ばれる伝統的な平屋住宅は次々と取り壊され、街の中心部に住んでいた市民たちは郊外の中高層マンションなどへの移転を余儀なくされている。同協会は、住環境の急変でペットを手放さなくてはならなくなった人も多いと指摘する。

 「ペットを家族同様に扱う人は増えている。宣伝教育に力を入れれば、新たな流浪動物は無くなるはず。問題はすでに捨てられた猫たちだ」と趙さんは話している。

◇キーワード 北京のペット事情

 北京市内で飼われている犬は46万匹、猫は50万~60万匹とされる。犬の飼育には公安局への登録が義務づけられており、登録費1000元(約1万3000円)と、検査費として毎年500元(約6500円)の納付が必要だ。公安局は未登録犬の摘発に力を入れているが、取り締まりの時期に飼い犬を郊外の親類らに預けるといった登録逃れも後を絶たない。

 猫は登録が義務づけられていない。市場ルートは確立されておらず、主に愛好者の間で売買や譲渡が行われている。外国から輸入した高価な猫を好む人も増えている。捨て猫や捨て犬に対する行政の窓口はない。(11/19)


経済の発展と共に、生活にゆとりが出てくるとペットを飼いたくなるのは心情として分かるのですが・・・。 ペットを捨てる人が絶えない問題は、日本も中国も同じなんでしょうか?
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-27 11:01 | 社会派猫パンチ

あっ!今日までだった・・・。(汗)

http://www.shibukei.com/headline/2833/
ギャラリー・ルデコで「猫」好き5人がグループ企画展 (シブヤ経済新聞)

11月22日より、ギャラリー・ルデコ(渋谷3、TEL 03‐5485‐5188)2階で、「猫」をテーマとしたグループ企画展「猫路地」展が開催されている。同展は、猫専門のサイトを持つ「猫好き」の作家5人が、それぞれ「猫」をテーマに、イラストや写真を紹介するもので、会場には、「路地で出会う猫」をイメージし、猫のシルエットに切り抜いた絵を各所に配した。作品展示数は5人合わせて約100点。内容は、主に銀座の街中で猫を撮り下ろした、ハンドルネーム「キヨちゃん」さんの作品(写真)や、高橋江里さんが、書で使う筆を使って描いた和風のイラスト作品など。また会場では、Tシャツやポストカード、弁当箱などのオリジナルグッズも販売する。入場無料。11月27日まで。


アイタタタ~!(汗) 展示会は今日までじゃん・・・。 今からでも行きたい。でも仕事があるので行けません。(泣)
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-27 10:50 | 猫のたまり場情報

ニャン・グッツのお土産~

とても可愛らしい小鉢を見つけたので衝動買いしてしまった・・・。(苦笑)
e0041329_10351274.jpg

          表にはお魚をモグモクしてる猫ちゃんの絵が描かれていて・・・。

e0041329_1037153.jpg

          で、器の裏には「♪さかな、さかな、さかな~♪」って。(笑)

可愛すぎるので使うのがもったいなくって。(汗)
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-27 10:39 | ニャン・グッズ

絵画風プティちゃん~

ミミクロさんちのプティちゃんの気品と美しさを表現してみました。 いかがでしょうか?
e0041329_11354446.jpg

何だか巨匠が描いた「芸術作品」みたいでしょ?(笑) 素晴らしい~。←自画自賛(笑)

※画像処理ソフトを使用しました。(念のため汗)
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-26 11:37 | ひとりごと~

猫巡礼の旅(千葉県編)

房総の郷土料理を堪能したあとは、次の目的地である「にゃんだPARK」へ~。
日本最大面積を誇る猫のテーマパークだとか・・・。
e0041329_10361323.jpg

                     にゃんだPARKの正面
e0041329_1037336.jpg

                     にゃんだPARKの側面(デカイっしょ!)

e0041329_10392681.jpg

施設内は猫だらけ! ここのテーマパークのコンセプトは、「猫とのふれあい」ですから、こまかい説明はいりませんね。(笑) のびのびと寛ぐ猫ちゃん達に圧倒されてしまいます。(汗) 
中には、マルハのキャットフードのCMに出演したタレント猫ちゃんもいるとか・・・。(大勢の猫群の中にいるので確認ができないほど) 
アメショーやロシアンブルーといった猫の毛並みの美しさを堪能できたのが嬉しかったです。
皆様もぜひご来店下さい。 
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-26 10:47 | 猫巡礼の旅~

猫巡礼の旅(千葉県編) 

思う存分、猫ちゃん達を触れ合ったのち、猫巡礼の旅の目的の一つでもある、「グルメ探求」を開始することに・・・。 あくまでも学術的に、データ収集が目的なので、ただ単に「お腹が空いた。」とか、「美味しいものを食べたい。」などといった低俗な目的ではありません。(汗))←うそうそ(笑)
次の目的地付近の「道の駅とみうら」にて、地元の海産物をつかった料理を堪能することにしました。 あくまでも学術的に~。←言い訳はよせっちゅうの(汗)
e0041329_9572037.jpg



こちらは猫おやぢが注文した、「アジとマグロ丼」

e0041329_101326.jpg



こちらは妻が注文した、「煮魚定食」


e0041329_1041845.jpg



房総名物料理の一つ、「アジのなめろう」です。





アジが最高に美味かったッス!(笑)←つい本音が出てしまった!(苦笑)
あくまでも学術的に、猫の好物である「魚」を研究するためであって(汗)昼食時で空腹だからとか・・・。(汗) スミマセン、フツーにお腹が空いていました。 素直に美味しかったです。(笑)
千葉県の南房総におこしの際はぜひご賞味下さい。
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-25 10:11 | 猫巡礼の旅~