カテゴリ:猫の大学 (講師・栗太郎教授( 38 )

猫に害がある食べ物ワースト10

室内飼いのにゃんズが間違えて食べてしまわないように、人間様には気をつけていただきたいと思います。(猫歴豊富な人であれば知っていることでしょうね)

1.タマネギ
2.長ネギ
3.アワビ
4.サザエ
5.トコブシ
6.チョコレート
7.ココア
8.コーヒー
9.カラシ
10.カレー

です。 チョコレートはわんズの体にも悪いって聞いたことがありますが・・・僕も気をつけなくっちゃ。(笑)
[PR]

by shintankun11 | 2005-09-07 13:37 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

猫の血液型~

昨日は定休日で更新をお休みさせていただきました。 今日はリフレッシュして元気な栗太郎教授の講義を始めたいと思います。(笑) 今回のお話は「猫の血液型」です。

猫の血液型には、A、B、AB、の三種類があり、輸血する際には同じ型を選ばないと、重い副作用が発生することがある。 ただし、AB型だけは緊急時にA型に輸血も可能である。

以前、犬の血液型はたくさんあると聞いたことがありますが、猫には三種類しかないのですね。思いがけない大怪我をした時に備えて、愛猫の血液型を前もって知っておくといいですね。

ではまた~。
e0041329_11558100.jpg

        さて、僕の血液型は何型なのでしょうか?事前に調べておこうかな?
[PR]

by shintankun11 | 2005-09-07 11:55 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

ヘンな猫の大好物~

ニフティサーブの「猫フォーラム」に報告された猫のヘンな大好物
☆激辛麻婆豆腐
☆刺身こんにゃく
☆パンの耳
☆納豆
☆とろろ昆布
☆緑茶
☆たくあん

なんじゃそりゃ~!そんなもんをにゃんズに与えていいのか~??
e0041329_17374527.jpg

                     少し不機嫌な栗太郎
[PR]

by shintankun11 | 2005-09-05 17:37 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

猫に必要な栄養素

栗太郎教授です。 前回は「猫の味覚」についてお話しましたが、今回は「猫に必要な栄養素」を勉強したいと思います。 最近のペットフードは目覚しい進歩を遂げていますが、やはり野生の要素を多く残している猫科の動物は、自然食品(加工していない食べ物)からの栄養摂取が一番効率よく吸収できるのです。

猫はアミノ酸の一種「タウリン」を体内で合成することができません。 欠乏すると「心筋症」や目の障害の元となるので、豊富に含む マグロ、サバ、二枚貝 などを食べさせるといいそうです。

グルメのにゃんズには、量より質を重視して食事を与えてみてくださいね。
e0041329_13483296.jpg

                 質より量を重視している栗太郎(汗)

※与えすぎには注意 「イエローファット症候群」 

http://www.pwpwp.com/sick-cat/x/02.html

てんぷらっちさんからの情報です。 ありがとうございました。
[PR]

by shintankun11 | 2005-09-05 13:49 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

猫の味覚について

ご無沙汰しておりました~栗太郎教授です。
先日、無事に2歳の誕生日を迎えることができました。 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂戴しまして、感謝感激で感涙にむせっている次第です。←ちょっと大袈裟(笑)

え~、今日の講義内容は「猫の味覚」についてです。
皆様のパートナーであるにゃんズのグルメぶりを知ることによって、さらに親密になって頂きたいと思います。

猫は嗜好性がある動物だと言われています。 つまり、香り、味、食感、固さなど、食べ物をかなり細かく味わう能力があるのです。 人間様の中にも味盲(あじオンチ)の方が大勢いらっしゃいますが、その点にゃんズの方が優れているのかも知れません。(笑) 実際に猫が食事をする様子をみても、表面が粗く口で拾いやすい形や大きさの食べ物を好んで食べます。 逆に細かな粒状の物は喜ばないなど、なかなか好みがうるさいのです。

ですから、同じ食事ばかり与えていると、猫は飽きてしまいます。
一方、目新しい食材や、いい香りのする食べ物が出てくると喜んで食べてしまいます。

また、仔猫時代から同じ食べ物だけを与えていると、食べた経験のない物を嫌いようにもなります
肉主体の食事で育った猫は、魚主体の食事に変わるのをひどく嫌う傾向にあります。
魚主体の食事で育った猫は、比較的簡単に肉主体の食事に切り替わるという報告もあります。

これは猫の嗜好性が人間の食文化と深い関わりがあり、後天的にその強い影響を受けることからきているそうです。 日本の猫が魚好きだというのは、日本人の年間魚消費量が世界で一番ということと関わりがあるからでしょう。 飼い主の食生活が猫の嗜好性をある程度決定付けている証拠だと思います。 日本製のキャットフードに魚主体のものが多く売られているのも日本の猫の好みに合わせているからでしょうね。

今日はこの辺で終わります。
9月と言えども残暑が厳しいですので、皆様もご自愛ください。
e0041329_14362416.jpg

                      ご自愛下さいませ~
[PR]

by shintankun11 | 2005-09-04 14:37 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

猫ごよみ ~今日は防災の日~

1923年の今日、M7.9 死傷者20万人以上を出した関東大震災が起きました。 関東地方では9月1日は防災訓練を行います。 愛するわんズやにゃんズを連れて避難できるように、前もって対応策を考えておくといいですよ。
http://www.animal-navi.com/navi/ready/bihin.html


http://www.catsitter.jp/nekodas/teian2.html#tei_9


こちらを参考にして下さい。 (情報提供 ゆせこ様)
[PR]

by shintankun11 | 2005-09-01 10:20 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

猫ごよみ

今日は人間様にとって何の日かわかりますか? 今日は「車の運転免許所有者が5千万人を突破した日」なのです。  車の運転をしている人でしたら、何度も猫を轢きそうになった経験があるかと思います。 猫にとって車は走る凶器です。(人間様にも同様ですが) 仔猫は危険を察知すると、うずくまって動かなくなる習性があります。 野生であればそれが危険回避に役立ちますが、車道でそれをやると事故になります。 逆に大人の猫は引き返すより突進する習性があります。 これも事故につながる可能性がありますね。 我々にゃんズに人間様が決めたルールを守れと言われても、そう簡単にはいきません。 にゃんズを外に出す時は、飼い主である人間様が、愛猫に交通ルールを教えてあげてくださいね。(笑)
e0041329_13191134.jpg
昔から人間様のことわざに「バカと包丁は使いよう。」ってありますよね?車もそうです。安全運転すれば便利な道具ですが、一つ間違えると人の命を奪う凶器にもなります。←いつになく真面目なコメントをする栗太郎教授(笑)
[PR]

by shintankun11 | 2005-08-31 13:24 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

猫クイズ~! あなたは答えられるか?

栗太郎教授です。 いつも堅苦しいことばかり講義しているので、この辺で猫クイズを出題したいと思います。

古くからある沖縄の言い伝えでは、猫が交尾しているのを見ると、どうなると言われているでしょうか?

①子宝に恵まれる
②頭がハゲる
③呪われる
④恋愛がうまくいく
⑤猫になる

以上の五択から一つ選んで答えてね。(笑)


e0041329_17174469.jpg

         答えは「猫が寝る」でした。←ウソ、②のハゲるです。
[PR]

by shintankun11 | 2005-08-29 17:14 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

猫たちが修行する聖なる山 熊本県 根子岳(猫岳)

熊本県阿蘇山系にある根子岳は猫岳とも書かれ、地元ではこの山に猫の王が住んでいると語り継がれています。 根子岳には昔からトラのように大きな黒猫が住んでいるとか。
伝承その一
毎年除夜(節分の夜という説もあり)には、阿蘇郡内の猫達を招集して「御前会議」が開かれます。 その頃になると阿蘇山のいたるところで猫の鳴き声が聞こえ、猫達の行列を見ることがあるとか。 根子岳に登った猫は出世(なんの出世じゃ?)して、気性も荒々しくなるそうです。
伝承その二
根子岳に登るのは特定の日に限ったものではなく、7歳になった猫が登るそうです。
伝承その三
体重が一貫目(3.75kg)以上になった猫が修行(なんの修行じゃ?)のために登る。 だから、大きな猫が姿を見せなくなると、阿蘇の根子岳に修行に行ったのだと思われた。
伝承その四
根子岳にいる猫の大王は、修行に来た猫達に三日三晩稽古をつけてくれる。(だからなんの稽古じゃ?) 免許皆伝(なんの免許じゃ?)となると、そのしるしに耳たぶを噛み割るという。
伝承その五
猫たちの中には、そのまま根子岳に残るものもいるが、暮らしていた元の土地に戻るものもいる。 修行から戻ってきた猫は、猫の仲間の中でも「親方」(なんの親方じゃ?)とみなされ、ネズミも恐れて寄り付かないとか。

根子岳の伝承は様々な猫にまつわる伝承が多くて大変でした。(汗)
以前から根子岳(猫岳)には猫伝承があると聞いていたのですが、調べてみるとたくさんあるんですよ。 それだけ昔から猫に親しみを抱いていた土地柄と言えるかもしれませんね。

※愛猫が失踪して数日後に戻ってきたら、「根子岳に修行に行って来たな。」と思って下さい。
普通の猫から出世して親方になって帰ってきた猫を温かく迎えてやって下さい。(笑)
[PR]

by shintankun11 | 2005-08-29 16:58 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

群馬県 猫にまつわる「桑つみ唄」

「蚕さい中に嫁御に出られ 貰わにゃなるまいとら毛猫」
まゆ(絹糸)生産量日本一の群馬県(猫おやぢの妻の故郷)で歌われてきた「桑つみ唄」です。農家の労働力として大切な嫁に逃げられてしまっては・・・。という意味と、蚕に悪さをする(食べてしまう)ネズミに、あまり悪さをしないで下さい。という気遣いでヨメゴといったらしいです。
農家の大切な収入である「お蚕さま」をネズミの害から守るために、猫が重要な役割を果たしていたかがこの唄から伺い知ることができますね。
e0041329_1448498.jpg
    嫁に逃げられても、猫に嫁さんの代役は務まりません。念の為。
[PR]

by shintankun11 | 2005-08-28 14:51 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授