「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:猫のたまり場情報( 36 )

猫の島に行ってきました。(笑)

猫の島と言いましても、正式な名前は「江ノ島」っす。(笑)

猫好きにはたまらない場所ですが、元々は猫を捨てていく人が絶えないらしいのです。
e0041329_10135096.jpg

こんな看板がいたる所に張り出されています。(汗)

猫って繁殖力の強い動物ですから、去勢や避妊手術をしないと、望まれずに生まれてくる子猫が増えてしまうのです。
最近の世の中は、「親が子を殺し、子が親を殺す。」「弱いものいじめ」や「若年層の自殺」
事件が頻発しています。
自分のことだけで精一杯かもしれません。 
捨てられた犬猫のことなんて気にしている余裕はないかもしれません。

でも、このままでは人間も犬も猫も自然環境だって滅んでしまうかもしれませんよ。

僕は身の回りの些細な事から変えていく勇気を持ちたいと思っています。
[PR]

by shintankun11 | 2006-11-15 10:23 | 猫のたまり場情報

猫なのに「ワン」 トルコのワン猫絶滅の危機

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20060218/20060218-00000388-fnn-int.html
トルコ東部ワン市に生息する左右の目の色が異なる「ワン猫」が絶滅の危機に (FNN海外ニュース)

トルコ東部ワン市に生息する世界でも珍しい猫に危機が迫っている。
ワン猫は、左右の目の色が異なっており、その瞳の美しさで世界的に有名だが、驚いたことに、ワン市の中を歩いても猫の姿が見られない。
ユズンジュル大学には、消毒をして初めて建物に入ることが可能なワン猫の施設がある。
ワン猫研究所のザヒット・アールオール教授は「ワン市に来たら、道ばたをワン猫が歩いていると思っている人が多いみたいだけど、実際にはそんなことはないよ」と話した。
この研究所には、100匹余りが隔離状態で飼育されているが、ザヒット・アールオール教授によると、あとは家猫がわずかに残っているだけの危機的な状況だという。
ザヒット・アールオール教授は「政府の統計では、ワン猫は絶滅の危機にある動物の1つであるといわれているんだけれど、実際にワン猫の数は非常に少ないんだよ」と話した。
繁殖について研究所もいろいろと考えてはいるということだが、資金がないので難しいという。

左右の目の色が違うワン猫・・・。 とても魅力的な猫ちゃんなんです。
そんな猫が絶滅の危機にあるんですって。 FNN(フジ・サンケイ・グループのTV)のニュースで取り上げられましたので、ご覧になった人もいるかと思います。
上のURLをクリックしますと、TV映像でワン猫の動いている姿を見ることができます。

[PR]

by shintankun11 | 2006-02-18 10:40 | 猫のたまり場情報

和歌山のローカル・アイドル~ ワインちゃん

和歌山発のほのぼのとした、心温まる猫情報です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060217-00000296-mailo-l30
野良猫:「ワイン」が帰ってきた 串本町・大島の観光客らの人気者 /和歌山 (毎日新聞)


◇関係者ら「ホッ」………「もうどこにも行かないで」
 「お帰り、ワイン!!」。串本町・大島の観光名所、樫野埼灯台周辺で観光客らの人気者だった野良猫「ワイン」(雌)が半年ぶりに戻ってきた。ずっと見守ってきた土産物店「夢の大島」の後藤陽子店長は「どこで何をしていたのやら……。ともかくよかった」と胸をなで下ろしている。【松田学】
 後藤さんによると、今月初めにフラッと店に入ってきた。右の脇の下に大けがをし、トレードマークのひょう柄の首輪は無くなっていた。人懐っこい性格は相変わらずで、けがも順調に回復している。後藤さんは「ワイン会いたさに何度も訪れる熱烈なファンも多く、大島観光には欠かせない。もう、どこにも行かないで」と目を細めている。
 ワインは、大島と本土を結ぶくしもと大橋が開通した7年前の秋ごろに住み着いた。タヌキのような愛らしい姿に加え、団体客の先頭に立って名所へ案内したり、記念撮影に納まったりとサービス精神も旺盛。地元住民や観光客らのアイドル的存在だったが、昨年夏から行方が分らなくなっていた。

半年間失踪していた観光案内猫のワインちゃん・・・。
うわ~、こんな愛らしい猫ちゃんに観光案内してもらえるなんて・・・。 こんな情報を知ってしまった今、無性にワインちゃんに会いに行きたくなりましたよ~。(笑) もうどこにもいかないでね。
でも・・・。 和歌山はちと遠いな・・・。(汗)

[PR]

by shintankun11 | 2006-02-18 10:17 | 猫のたまり場情報

岩合さんの写真展~

http://www.chunichi.co.jp/00/ibg/20060206/lcl_____ibg_____000.shtml
世界の『自由猫』“手招き” 動物写真家・岩合光昭さん写真展 (中日新聞)


世界的に活躍する動物写真家の岩合(いわごう)光昭さんの写真展「ネコ・ねこ・猫」が筑西市丙の「しもだて美術館」で開かれている。家の外で出会う猫を「自由猫」と呼んでいる岩合さん。旅先の土地の空気を大切にしながら、猫たちの姿をありのままに写真にとらえている。 (中西 公一)

 岩合さんは一九五〇年、東京生まれ。七〇年に訪れたガラパゴス諸島で、自然の美しさに感銘を受けて動物写真家になることを決意、大学卒業後、フリーの写真家となった。

 「ニッポンの猫」「おきて」など数多くの写真集を出版。海外メディアで評価も高く、国際的にメジャーな自然科学専門誌「ナショナル ジオグラフィック」の表紙を、日本人として初めて二度飾っているという。

 岩合さんにとって猫の写真はライフワークの一つ。今回の写真展では、日本や地中海で撮影された猫の作品の中から八十五点を展示している。

 沖縄県座間味島の海岸で遠方を見つめて鳴いている猫や、大阪府枚方市で撮った鼻提灯(ちょうちん)が膨らんだ猫など、猫のいろんな表情をとらえている。

 また、海外のさまざまな自然環境の下で暮らす猫の姿も。トルコのワン湖で飄々(ひょうひょう)と泳いでいる猫や、ギリシャのサントリーニ島で塀から塀へジャンプする猫たち、モロッコのサハラ砂漠を歩く猫など、「生の一瞬」を切り取っている。

 同美術館の学芸員大木綾子さんは「岩合さんは土地に生きる動物の姿を、ありのままに撮ろうとしている。作品は、猫が住みにくい環境は人間にとってどうなのか、という問いかけにもなっている」と話す。

 写真展ではほかに、アフリカや北極圏などで撮影されたライオンやクジラなど、野生動物の作品十八点も紹介している。

 二十八日まで。開館時間は午前十時から午後六時まで。月曜休館。入館料は一般五百円(高校生以下は無料)。

 問い合わせは同美術館=電0296(23)1601=へ。


岩合さんの写真展か~。 行きたいな~。
しかし、筑西市丙の「しもだて美術館」って、どこにあんのさ・・・。(汗)

[PR]

by shintankun11 | 2006-02-09 11:10 | 猫のたまり場情報

笑う猫見て福来る

http://www.chunichi.co.jp/00/gif/20060106/lcl_____gif_____002.shtml
笑う猫見て福来る 岐阜市で招き猫作家・安江さん作品展 (中日新聞)

e0041329_1052317.jpg

    愛くるしい表情の招き猫が並ぶ会場=岐阜市正木の「マーサ21」で

笑う“猫”には福来る-。招き猫作家安江美香さん(飛騨市古川町)の作品展「福猫漫遊記」が、岐阜市正木のショッピングセンター「マーサ21」北館二階で開かれている。二十九日まで。

 くま手やしめ縄などの縁起物や、わらじやざるなどの小物を中心に約三百点。愛知万博(愛・地球博)にちなんで制作した「猫国(にゃんこく)博覧会」は、世界地図上に猫の顔をしたツタンカーメンやモアイ、自由の女神などがひしめく力作だ。「民芸調を基本に今風にアレンジしてみた」と安江さん。愛くるしい猫の表情が、買い物客の心を和ませている。 (宮尾 幹成)


笑っている猫の絵って、とても心が和みますよね。(笑) 作品展に行ってみたいな~。飛騨市って・・・。 遠いよね?(汗)
[PR]

by shintankun11 | 2006-01-07 10:55 | 猫のたまり場情報

しっかり受験勉強してからお参りしてね。(笑)

http://www.topics.or.jp/Lnews/lnews.php?id=LN2006010301000009&gid=G50
猫神さんに合格祈願 阿南、お松大権現に受験生ら1万7000人 (徳島新聞)

本格的な受験シーズンを迎え、「猫神さん」の愛称で知られる徳島県阿南市加茂町不けのお松大権現に、合格祈願の受験生や家族連れが訪れている。正月三が日は例年よりやや多い約1万7000人が参拝した。

 受験生らは、社殿に祭られた猫のご神体に手を合わせた後、絵馬に「志望校一発合格」などと願いを書いて奉納棚につるして神頼み。不景気や事件の多い世相を反映してか、招き猫や合格お守りだけでなく金運や厄除開運のお守りも例年より売れていた。

お松大権現の猫神様のお話は調査済みですが、受験生が合格祈願に来るってのは初耳でした。(汗) お松大権現の詳細は後ほど~。
[PR]

by shintankun11 | 2006-01-05 11:32 | 猫のたまり場情報

なんでも猫にすればウケると思ってるんでしょ?(汗)

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005120900147&genre=K1&area=K1E
黒猫の「討ち入り」ニャ~  京で赤穂浪士の人形展 (京都新聞)


e0041329_10181970.jpg
赤穂浪士が討ち入りしたとされる14日を前に、四十七士にふんした黒猫の人形の作品展が9日、京都市東山区祇園町南側の貸し町家「和空間冨月」で始まり、かわいらしい浪士の人形=写真=がずらりと並んだ。

 忠臣蔵のふるさと赤穂市のデザイナー前川真早美さん(42)が、地元を盛り上げようと2年前から作り始めた。今回は大石内蔵助が通ったとされる祇園で作品展を開くことにした。

 人形は粘土製で、高さ15センチ。そろいの法被姿のりりしい顔で討ち入りに向かう姿や切腹する場面を表現している。11日まで。無料。


赤穂浪士の四十七士と黒猫・・・。 アイディアは秀逸ですが・・・。
なんでも猫をモデルにすれば、猫好きな人たちにウケると思ってるんでしょ?
まさにその通り!(笑) 猫おやぢも見に行きたいと思ったよ~。
しかし場所が京都では・・・。 遠すぎる・・・。(汗)

[PR]

by shintankun11 | 2005-12-14 10:25 | 猫のたまり場情報

舞鶴で子猫のぬいぐるみの作品展

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005121000178&genre=K1&area=K60 (猫人形の画像あり)
猫に囲まれて過ごす年末も幸せ 舞鶴で子猫のぬいぐるみの作品展

可愛らしい子猫のぬいぐるみが部屋中いっぱいに飾られた作品展「101匹ネコちゃん大行進」が、京都府舞鶴市昭和台の画廊「夢屋」で開かれている。どの猫も表情に独特の愛きょうがあり、訪れた人の心を和ませている。

 画廊オーナーの舩木澄子さん(56)の手作り。8月ごろ「着物の生地で大好きな猫を」と1匹作って以来、「もう少し上手に」との思いから次々と数が増え、「どうせなら見てもらおう」と作品展を開いた。

 2匹と同じ「猫」が出来ない楽しさに、気が付くと101匹を通り越し、きりりとした黒猫やとぼけたタヌキ顔の猫、リボンを付けたカラフルな「クリスマス猫」など総勢約150匹の個性豊かなぬいぐるみが並んだ。

 舩木さんは「子どもも大人も1人ひとり、お気に入りが違うのがおもしろい。来年のえとは犬だけど、猫に囲まれて過ごす年末も穏やかな気持ちになれて幸せですよ」と話している。28日までの午前10時-午後7時。木曜定休。無料。同画廊Tel:0773(77)1719。

猫好きにはタマラナイ素晴らしい作品だそうです。 行ってみたいな~。
で、舞鶴ってどこよ?(汗) 

[PR]

by shintankun11 | 2005-12-11 10:22 | 猫のたまり場情報

あっ!今日までだった・・・。(汗)

http://www.shibukei.com/headline/2833/
ギャラリー・ルデコで「猫」好き5人がグループ企画展 (シブヤ経済新聞)

11月22日より、ギャラリー・ルデコ(渋谷3、TEL 03‐5485‐5188)2階で、「猫」をテーマとしたグループ企画展「猫路地」展が開催されている。同展は、猫専門のサイトを持つ「猫好き」の作家5人が、それぞれ「猫」をテーマに、イラストや写真を紹介するもので、会場には、「路地で出会う猫」をイメージし、猫のシルエットに切り抜いた絵を各所に配した。作品展示数は5人合わせて約100点。内容は、主に銀座の街中で猫を撮り下ろした、ハンドルネーム「キヨちゃん」さんの作品(写真)や、高橋江里さんが、書で使う筆を使って描いた和風のイラスト作品など。また会場では、Tシャツやポストカード、弁当箱などのオリジナルグッズも販売する。入場無料。11月27日まで。


アイタタタ~!(汗) 展示会は今日までじゃん・・・。 今からでも行きたい。でも仕事があるので行けません。(泣)
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-27 10:50 | 猫のたまり場情報

ねこ好きも「まっしぐら」って・・・?(汗)

http://mytown.asahi.com/aichi/news01.asp?kiji=12381 
ねこ好きも「まっしぐら」/半田市 (アサヒドットコム)

e0041329_17244457.jpg
猫好きなら思わず手が出てしまいそうな、本物そっくりの猫の人形を集めた展覧会=写真=が、半田市港本町3丁目のギャラリー「蔵塾」で開かれている。暖かそうな手づくりのウール作品と一緒の展示で、「猫も喜ぶ、手紡ぎウール展」。19日まで。

 猫の作者は名古屋市の宮地乃梨子さん。粘土で造形した上に紙を張り、最後はアクリル絵の具で毛並みの1本まで仕上げる。加えて、きょとんと見上げる目、いすの上での寝姿など、リアルに猫の表情をとらえていて、来場者は「うちの猫と同じ」と顔を緩ませる。

 すべて表情が違い、全部で16体を展示している。問い合わせは蔵塾(0569・21・4031)へ

この情報も愛知県発だ・・・。 愛知県って「猫好き指数」が非常に高い県民性でもあるのかな? お近くの方は要チェックですぞ!(笑)
[PR]

by shintankun11 | 2005-11-12 17:27 | 猫のたまり場情報