栗太郎伝説 ~破壊王子への道~ 噛み付き攻撃

e0041329_185598.jpg
この写真は、栗太郎が生後3ヶ月すぎ頃に撮影されたものです。 栗太郎を抱いているのは、猫おやぢの母です。(さしずめ猫ババアとでも呼んで下さい) この頃の栗太郎は、ミミクロさんちのヴィヴィ君並みの破壊王子ぶりを発揮していたのです。 毛布を咬む、タオルを食べる?!紐を飲み込もうとするし、勿論人間にも噛み付いていました。(汗) 特に被害にあっていたのは母でした。
母が近くに来ると喜んで飛び付き噛み付き~・・・容赦ないジャレっぷり・・・。
栗太郎は母のことを「噛み付いてもよい人」と認識していたのでしょうか? まったく困った奴です。(汗) 
お店が忙しい時は、母を実家から呼び出して、栗太郎のミルクを飲ませてもらったり、ゴハンの世話までしてもらっていたのに~。 恩知らずというか、恩を仇で返すというか・・・。(汗)
栗太郎の破壊王子への道は始まったばかり・・・。 長く続く道のり・・・。(汗)

e0041329_19142640.jpg
             実家のソファーの上でくつろぐ栗太郎
[PR]

by shintankun11 | 2005-08-26 19:17 | 栗太郎~

<< 和泉式部が可愛がった猫が見つけ... 日本甘党を結成して選挙に出馬?! >>