微笑ましい親子のような犬・猫~

犬猫“親子”コンビが話題 長崎市西坂町
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20070701/07.shtml 長崎新聞HP 7月1日

こんな話題を耳にしますと、2ヶ月前に他界したセバスチャンと栗太郎の関係を思い出してしまいす。 
栗太郎もセバスチャンが見つけてくれたのです。
今となっては遠い出来事のように思われます・・・。


長崎市西坂町の栗原和美さん(44)方が飼っている犬のレオと猫のチビの“親子”のようなコンビが近所で話題になっている。

 四年前の散歩中にレオが子猫をくわえて拾ってきたのが始まり。以来、レオがチビの毛づくろいをしたり、野良猫から守ったりしている。チビもレオを親と思い込んでいるらしく、毎朝六時には、一緒に約一キロの散歩コースを喜んで歩く。

 世間では親子の悲劇的な事件が後を絶たない。「お互いに愛情を持って生活している。人間も見習わないといけないですね」と栗原さん。

うんうん、種を越えた深い愛情・・・。 人間も見習わないといけませんね。

e0041329_10263490.jpg

           栗太郎を見つけてくれて、アリガトね、セバスチャン。
[PR]

by shintankun11 | 2007-07-02 10:25 | ちょっぴり猫ネタ

<< 通行の邪魔をする猫~ 「寿司蔵」再び~ >>