「ほっ」と。キャンペーン

永遠のヒーロー アンドレス(ビッグキャット)ガララーガ選手

e0041329_17554872.jpgあらゆるスポーツを愛する猫おやぢ。 でも一番大好きなのは野球です。 メジャーリーグを見るようになって、初めて好きになった選手は、当時コロラド・ロッキーズに在籍していたアンドレス・ガララーガ選手でした。大きな体格ながら、俊敏なグラブさばき。ついた愛称はビッグ・キャット打席でも豪快なバッティングで「これぞメジャーリーガー!」と言える選手でした。e0041329_1953567.jpgロッキーズ在籍時は、強力打線の中軸を担い、ブレイク・ストリート・ボマーズと呼ばれていました。しかし、順風満帆な野球人生とはいかず、2度病魔と闘い、2度とも克服してメジャーへ復帰。今年の春に引退を決意しました。

 ベネズエラ出身のガララーガは1985年にエクスポズで大リーグにデビュー。その後、カージナルス、ロッキーズ、ブレーブスなど7球団で、強打の一塁手として活躍してきた。19シーズンの通算成績は2257試合に出場し、打率2割8分8厘、2333安打、399本塁打、1425打点。ロッキーズに在籍していた1993年には、打率3割7分の高率でナ・リーグ首位打者に。ゴールドグラブも2度獲得。堂々たる実績である。

■ビッグキャットの愛称、選手のお手本

 「ビッグキャット」の愛称で親しまれたガララーガ。病魔との戦いでも2度、勝利を収めている。非ホジキンリンパ腫と診断されて、1999年を全休。2000年、ブレーブスに復帰すると、打率3割2厘、28本塁打、100打点をマークした。2003年11月、病気が再発したが、再び、グラウンドに戻った。2004年はエンゼルスでシーズン終盤の7試合に出場し、1本塁打を記録している。

e0041329_19142365.jpg


     永遠の野球少年に夢を与えてくれた「ビッグ・キャット」に感謝
[PR]

by shintankun11 | 2005-08-18 19:23 | ひとりごと~

<< だらだら栗太郎 スッゲー猫喫茶を台湾で発見! >>