東条英機 ~シャム猫流行の先駆者~

発見!!「猫好き有名人」 第三弾は、東条英機 です。 戦後はA級戦犯として絞首刑に処された方ですが・・・。 ここでは先の大戦の戦争責任問題はさておき、東条英機が大の「シャム猫」好きだったというエピソードを披露したいと思います。

昭和16年ごろ、知人から贈られたシャム猫(当時は泰国猫と言った)を飼ってから、大変な猫好きになったというのも面白い。 しかし、強気一徹の彼が、猫などに心を惹かれるというのは、いささかきまりが悪かったとみえ、表面は無関心を装いながらも、多忙な官邸の出入りに、一々、猫の様子を家人にたずね、食物や飲み水にいたるまで、こまかい注意を与えていたという。 東条英機は今日のシャム猫流行の先駆者だったのである。 (参考文献「猫の歴史と奇話」 平岩米吉著)

軍国主義一辺倒だった時代の首相である東条英機が、人目を忍んで猫を可愛がる姿を想像すると・・・。 しかもシャム猫ってのもミスマッチで、なんだか「可愛い」ですよね。(笑) 
[PR]

by shintankun11 | 2005-10-29 10:01 | 発見!!「猫好き有名人」

<< 金魚鉢で金魚が失明の恐れあり・・・。 英国の犬って・・・。 >>