諺(ことわざ) 「猫も杓子も」

みなさんご存知かと思いますが、昔から使われている諺で、「猫も杓子も」ってありますよね?
意味は言うまでもなく、「誰も彼も」という意味です。

この由来には色々な説があるのですが、一番有力なのが「一休さん」の歌からだそうです。
「生まれては死ぬるなりけり、おしなべて釈迦も達磨も猫も杓子も」

e0041329_13544219.jpg

      でもなんで猫と杓子なんでしょう? 謎は残ったままだ・・・。
[PR]

by shintankun11 | 2005-10-26 13:51 | 猫の大学 (講師・栗太郎教授

<< ソフトクリーム~♪ 新コーナーなんです。 >>